ThinkForexは2010年にオーストラリアで設立された証券会社で、厳格とされるオーストラリア証券投資委員会やイギリスのFCAによって規制された信頼性ある証券会社となっています。

そんなThinkForexの会社情報ですが、先ほどもお伝えした通りオーストラリア証券投資委員会やイギリスのFCAから認可を受けている証券会社で従業員は約50名ほどとなっています。その中には日本語ができるスタッフも含まれています。

対応言語は8言語に対応していて、サポートスタッフ電子メールに加えて電話やライブチャットを通して24時間いつでも対応してくれます。また日本語によるサポートも充実しているので、英語が出来なくても問題なく利用することができます。

それに加えてレバレッジは500倍まで使えて追証もないという事なので、FX初心者が小額からでも安心して取引をする事が可能です。

特徴やメリット、デメリット

ThinkForexの特徴やメリット・デメリットですが、まず追証もない為、高いレバレッジを使用したトレードで証拠金を上回る損失が発生しても借金にならない特徴があります。

またThinkForexでは顧客の資金を自社の資産とは別にして管理をしていて、その管理している銀行もNAB銀行と世界的格付け機関にてAAと格付けされている信頼性の高い銀行が管理してくれているので、万が一ThinkForexが倒産しても資産が守られる点は大きなメリットと言えるでしょう。

デメリットとしては、やはり海外の証券会社のため、資金を出金する際の手続きが面倒だったり、出金されるまでに時間がかかる事です。また手数料もかかる事から頻繁に出金をする事は難しいかもしれません。

しかし、それ以外は特に気になる点はなく約定率も高くいので、安定した取引が可能です。そのためスキャルピングをメインで行う方にも適した証券会社です。

みんなの口コミや評判、評価など

ThinkForexを利用している方の口コミや評判はどのような意見が多いのでしょうか。インターネット上に公開されている実際の口コミや評判を見ていきましょう。

まずThinkForexの特徴でもある約定力の高さに加えて、海外の証券会社の中では狭いスプレッドに関して評判が高いようです。例えば「約定力が高く余程大きな経済指標の発表でなければ滑る事はない」といった声や「他の海外業者ではスキャルピングは難しいが、ThinkForexならスプレッドが狭いため問題なく取引できる」といった声が聞かれました。

またサポートに関する意見もあり「日本語でメールや電話のサポートをしてくれるので、英語が出来なくても安心して利用できます」といった意見や「問い合わせのメールの返信が早い」といった良い意見が多くみられました。

このようにThinkForexは素早い約定と安定した取引が実現できるようで、サポートに関しても徹底し行ってくれるので安心して利用できることが分かります。

実際に口座開設してトレードした感想、体験談

そんなThinkForexを実際に口座開設してトレードを行った体験談や感想について詳しくお伝えしていきます。

まず口座開設ですが公式サイトも日本語に対応しているため、英語が出来なくても迷うことなく口座開設することができました。

実際の取引にはMT4が利用できる口座の種類を利用していたため、注文などの取引は他の証券会社のMT4と同様で使いやすく、MT4になれている方であれば問題なく取引ができると感じました。

入金はクレジットカードに対応していたので、クレジットカードを利用して簡単に入金することができました。口座に反映される時間も早いので、すぐにトレードを開始することができます。

またスプレッドは海外業者の中でも非常に狭く、少しの値動きでも利益が出るので短期売買でも問題なく取引できるでしょう。

評判の良かった約定率ですが値動きの激しいニューヨーク市場やヨーロッパ市場でも注文が滑ることなく約定されることが多く、経済指標の発表であっても問題なく取引が可能でした。

口座の種類と開設方法、手順

ThinkForexの口座の種類はMT4が使用できる種類が4種類で、スタンダード口座とプロ口座、アルゴ口座、ブリオン口座となっています。また4種類の口座に加えてcTraderと呼ばれるオリジナルの取引画面が使えるcTrader ECN口座も用意されています。

実際の口座開設方法ですが、まずは公式サイトにアクセスしてライブ口座開設をクリック、次の画面で氏名、メールアドレスを入力します。するとメールアドレスに口座の登録情報や、ID、パスワードが送られてきます。

記入後に次のページに進むと住所や電話番号を入力して口座タイプを選択していきます。最後に投資経験などのアンケートに答えたら規約を確認して問題がなければ同意しましょう。

これで必要な情報の入力が完了するので本人確認書類をメールに送付するかアップロードして、審査が通れば口座開設が完了です。

ちなみに本人確認書類は運転免許証やパスポートなどが利用できて、住所証明は公共料金、電話などの利用明細書が必要です。

入金の種類と方法、手順

トレードをするためには入金をする必要がありますが、入金方法にはクレジット・デビットカードか海外送金などが選択できます。

クレジット・デビットカードの利用方法はマイページにログインして「Deposit Funds」をクリック、入金画面に進むと入金先の証券口座を選択した上で「クレジット・デビットカード」を選択して「Deposit Now」をクリック、最後のページで通貨の選択をして入金額を入力、その下のカードメニューより「Select Credit Card」を選択後クレジットカード情報を入力して「Pay Now」をクリックすれば完了です。

海外送金はログイン後「Deposit Funds」をクリック、入金先取引口座をご選択の上で「Bank Wire Transfer」を選択「Deposit Now」をクリックします。次のページで希望する通貨に該当する銀行を選択すると銀行口座情報が表示されるので、その口座に振り込みすれば完了です。

出金の種類と方法、手順

出金は入金同様にクレジット・デビットカードと海外送金があります。ただし入金で使用した方法で出金されるのでクレジット・デビットカードで入金した場合にはカード会社を通じて出金されます。

出金の手順はマイページにログインをしたら「Withdraw Funds」をクリック、出金フォームに進むと「口座名義」と「住所」「出金金額」を全てローマ字で入力します。最後に「出金方法」として「Credit/Debit card」か「Bank Transfer」を入力してください。

出金フォームの2ページ目では再度「名前」をローマ字で入力して、最後に署名を確認するため「適用」をクリックします。すると出金手続きの仮完了画面が表示されて、それと同時に登録したメールアドレスに本人確認メールが届きます。

届いた本人確認メールを開いて、その内容に表示されている「confirm my email address」のリンクをクリックすれば出金手続きの完了です。