MGKGLOBALは日本人向けにもサービスを提供している海外FXブローカーです。MGKGLOBALのサービスを行っている会社情報ですが、MGK. GLOBAL社は韓国資本の企業で2012年10月1日に事業を開始しています。会社の本拠地はマレーシアのラブアンという場所にあり、マレーシアFCAのライセンスを取得しています。海外FX業者の多くはキプロスやマルタ島、ニュージーランドのライセンスを取得する会社が多いのですが、マレーシアFCAライセンスは取得するための基準が非常に高いので、MGKGLOBALは信用できる金融ブローカーであると言えます。
MGKGLOBALは日本人向けのサービスも行っており、日本語によるサポートデスクを設置しています。注意点は、MGKGLOBALの公式サイトが日本語に対応していないため、口座を開設してサービスを利用する際は高校卒業程度の基礎的な英語力が必要です。

特徴やメリット、デメリット

MGKGLOBALの特徴として、基準が高いマレーシア金融当局のライセンスを取得していて信用できる業者であること、日本人向けにFX取引のサービスを実施していること、インターバンク直結のNDD方式であるにも関わらず、スプレッドが低め(0.4Pips~)に設定されていること、などが挙げられます。MGKGLOBALの最大のメリットは、日本人ユーザーも安心して利用ができることです。例えば、取引時間が月曜日のAM7:00~土曜日のAM6:00までで、海外FX業者であるにもかかわらず日本国内のFX業者と同じような感覚で利用できます。最低初回入金額が150USD相当額で、低めに設定されているというメリットもあります。
MGKGLOBALのデメリットですが、最大レバレッジが200倍で海外FX業者としては低めの設定である事、ロスカットレベルが120%と高めであること、国内銀行振込を利用して入金する際に1回あたり1,200円の入金手数料がかかることなどが挙げられます。

みんなの口コミや評判、評価など

MGKGLOBALは日本人ユーザーも多いので、口コミサイトには多くの口コミや評判が書き込まれています。好意的な評価として、インターバンク直結のSTD口座は透明性が高くて安心して取引ができる、STD口座としてはスプレッドが狭く設定されている、日本語によるサポートが受けられる、出金時のトラブルが少ない、などの意見が寄せられています。
逆に不満な点として、約定が遅くてスリップすることがある、最大レバレッジが200倍で低めに設定されている、などの書き込みが見られます。
体験談や感想を見る限り、スプレッドが狭いことやSTD方式で注文ができる点については高く評価されているものの、約定スピードやサーバーの安定性に不安な点がある事が指摘されています。MGKGLOBALは新興金融ブローカーなので、サービス面で不安定な部分が見られるようです。

実際に口座開設してトレードした感想、体験談

実際に公式サイトにアクセスして口座開設を行ってみた感想ですが、公式サイトの口座開設フォームは英語表記でしたが、スムーズに入力を進めることができました。名前や住所、投資経験や保有資産額などを入力しましたが、スムーズに手続きを進めることができました。利用条件などは英語のサイトを読まなければなりませんが、入出金方法などの説明ページは平易な表現でイラストも付いていたので、分かりやすいと感じました。
実際に取引を行った感想ですが、何もない時はサクサク約定ができますが、相場が急激に変動する際に約定までに時間がかかる場合がありました。サーバー強化などの対策を期待しています。入出金についても、現時点では特に大きなトラブルは発生していません。
MGKGLOBALはマレーシアの金融ライセンスを取得していることや、日本人投資家のニーズに合わせて低スプレッドのスピード口座を設けていることを考慮すると、日本人でも安心して取引ができるFXブローカーのひとつです。

口座の種類と開設方法、手順

MGKGLOBALで日本人ユーザーが利用できる口座の種類は、スタンダード口座とスピード口座の2種類でs。スタンダード口座は手数料無料でスプレッドが広めに、スピード口座は片道手数料が3.5$(往復7$)でスプレッドが狭く設定されています。
口座開設手順ですが、公式サイト上部のメニューで「Account」、「Open Account」内の「Open Account」ボタンをクリックすると、入力フォームが表示されます。必要事項を記入して登録を進めていきます。2種類の身分証明書類を提出する必要がありますが、運転免許証を選択すると住民票の写しが必要になるので、パスポートと公共料金の領収書を選択した方が良いでしょう。スマートフォンなどで必要書類を撮影した画像をアップします。
手続が終了したら、数日後にログインIDとパスワードが記されたメールが届くので、証拠金を入金して取引を開始することができるようになります。

入金の種類と方法、手順

MGKGLOBALの入金方法(日本円)の種類は銀行振込のみです。日本国内の指定された銀行口座に振込を行うと、1~2営業日後に口座に入金が反映されます。初回最低入金額は150$相当額(約17,000円)です。入金時に1,200円の入金手数料が差し引かれます。クレジットカード入金は対応していません
入金手順ですが、ログイン後の画面で入金(payment)をクリックして、銀行振込(e-Protection
)を選択します。三井住友銀行を選択すると、入金先口座や入金時に入力する内容が表示されるので、銀行窓口またはネットバンキングサービスを利用して国内銀行送金の手続きを行います。振込手続きの際に名義人欄に口座番号と名前を入力します。手数料の1,200円が差し引かれた上で、口座に入金(日本円)が反映されます。入金後は、すぐにFX取引を開始することができます。

出金の種類と方法、手順

出金の種類ですが、日本国内または海外の本人名義の銀行口座への振込を利用します。出金手続を行う前に、出金先の銀行情報を英語で登録する必要があります。このため、英語表記の出金先の銀行名やSWIFTコードを事前に調べておくようにしましょう。これらの情報は、銀行の公式サイトに記載されています。
口座登録を済ませたら、ログイン後の画面で出金依頼「withdrawal request」を選択して、出金元の口座と出金額を入力して送信します。日本円を出金する場合には、5,000円の出金手数料が差し引かれます。出金先として、本人名義であれば日本国外の銀行口座を指定することも可能です。
実際に出金先口座に入金が反映されるまでには、1週間~10日前後の日数を必要とします。
MGKGLOBALでは出金手数料が高めに設定されているので、ある程度まとまった金額を出金するようにしましょう。