InstaForexはロシアのFX業者で、日本人も口座を開設してトレードを行うことができます。InstaForexの会社情報ですが、2007年に設立後に、海外の投資家向けにFX取引サービスを実施しています。10年近い歴史があるFX業者で、日本人の利用者も多いです。ロシア連邦内に本社が置かれており、ロシア以外にキプロス・ニュージーランド・英国のライセンスを取得しています。公式サイトは英語ですが、一部は日本語でも表示されます。MT4も日本語化されているので、日本の投資家も利用することができます。日本語によるサポートは行われていないので、もしも何らかのトラブルが発生した際は英語で問い合わせを行う必要があります。
海外のFX業者なので追証無しで、日本のFX業者よりも高レバレッジ取引が可能です。このため、FX上級者の間で人気を集めています。

特徴やメリット、デメリット

InstaForexの特徴は、最大レバレッジが1000倍と非常に高いことと、ビットコインによる入出金や米ドル/ビットコイン取引や商品取引ができることです。ビットコイン取引ができるFX業者はほとんど存在しないので、ビットコインを入手したり換金する場合にも利用できるというメリットがあります。出金の際にビットコインを選択すれば格安の手数料で送金することができます。約定スピードが非常に速いので、スキャルピングが可能であるというメリットもあります。
InstaForexのデメリットは、スプレッドが広いこと、日本円口座が利用できない(米ドル口座のみ利用可能)こと、ロスカット水準が100%と高めであること、国内銀行送金ができないことです。日本人が入金する場合にはドル建てで国際送金をするか、クレジット決済、ビットコイン送金を選択することになります。

みんなの口コミや評判、評価など

InstaForexは歴史が長いため、インターネット上の掲示板や口コミサイトには、日本人投資家の口コミや評判も多く書き込まれています。サービスを開始した時期(2011年頃)には、利用者の体験談や感想として出金トラブルに関する書き込みが見られました。日本語でのサポートが利用できないことや、以前は英語サイトの説明書を読まなければならなかったため、日本人利用者で出金手続きのトラブルが多く発生していたことが分かります。最近は、出金トラブルなどの悪評は見られません。InstaForexはビットコインで出金ができる数少ないFXブローカーなので、他の海外FX業者よりも低コストで送金ができます。
取引サービスについての口コミですが、約定が速いことや最大レバレッジが高いという好意的な評価や、スプレッドが広いという不満が見られます。InstaForexは他の海外FX業者と比べてスプレッドが広めに設定されているため、上級トレーダーにおすすめです。

実際に口座開設してトレードした感想、体験談

実際にInstaForexに口座開設をしてみた感想ですが、他の海外FX業者よりも口座開設やクレジットカードの登録手続きに手間がかかりました。クレジットカードを登録する際は、カード情報以外にカードを撮影した画像をアップする必要がありました。カード番号は下4桁のみ見えるようにしてたの番号は見えないように加工しました。ホームページでは最低限の内容は日本語に翻訳されていましたが、利用条件や入出金の説明についての部分は英文を読まなければならなかったので、基本的な英語力が必要です。
入金ボーナス特典があることや最低入金額が$1以上と低くて最大レバレッジが非常に高いため、少額でもトレードすることができました。入金額が少ない場合には、海外送金よりもクレジットカードやビットコインで入金した方が手数料を節約することができます。外貨取引だけでなく、金や原油取引も利用できました。

口座の種類と開設方法、手順

InstaForexの口座は、大きく分けて最小取引単位が1,000通貨単位のInstaと10,000通貨単位のCentの2種類があります。InstaとCentのそれぞれ、取引手数料が無料でスプレッドが広いstandardと、取引手数料が有料(0.03~0.07%)でスプレッドが狭いEuricaの2つがあります。米ドルとユーロの二種類が選択できます。
口座開設方法ですが、トップページの「口座を開設する」をクリックして、「Accept terms of agreement」をクリックすると日本語の「アカウント開設フォーム」が表示されます。アルファベットで必要事項を入力し、身分証明書類を撮影した写真(JPEG画像)をアップします。約2営業日で口座が開設され、ログインすることができるようになります。クレジットカードで入金する場合には、口座開設後にカードを撮影した画像をアップする必要があります。

入金の種類と方法、手順

入金方法の種類ですが、クレジット(デビット)カード、海外送金、ビットコインが選択できます。クレジットカードを利用する場合には、最初にカードを登録しておく必要があります。日本国内の銀行振込には対応していません。
入金手順ですが、ログイン後のメンバーページ内で入金を選択して、入金方法一覧から希望する方法を選びます。「クレジット入金」を選択すると、アカウント番号・パスワード・金額を入力します。確認画面が表示されるので、次に進むとクレジットカード情報の入力フォームに必要事項を記入します。「CONFIRM AND PAY」をクリックして、メールアドレス・パスワード・セキュリティーコードを入力して進むと、登録したカードを含めたいくつかのメニューが表示されます。該当するカードにチェックを入れて「CONFIRM 」をクリックしたらカードの暗証番号入力画面が表示され、4桁の暗証番号を入力して「送信」ボタンをクリックすれば完了です。

出金の種類と方法、手順

出金方法の種類ですが、入金時に使用したクレジット(デビット)カード、国際送金、ビットコインから選択できます。クレジット決済を選択する場合には、入金リクエストがキャンセルする形で出金されるため、利用できるのは入金額までとなります。国際送金を選択する場合には日本国内の銀行口座を指定することができます。
出金手順ですが、ログイン後のメンバーページから「アカウントから引き出し」を選択し、出金方法を選びます。入金時と同じように金額やカード番号または送金先の銀行コードや口座番号などを入力します。銀行送金の場合には「Wire Transfer(JPY)」をクリックして、銀行名やSWIFTコード、口座番号などを入力します。国際送金の場合は中継銀行で数千円程度の手数料が差し引かれます。
ビットコインを選択した場合には、自分のコインアドレスを入力します。