FinFXは北欧のフィンランドにある大手FXブローカーです。日本ではあまり知名度が高くありませんが、フィンランドではかなりメジャーなFX業者として知られています。FinFXを運営するFinFX Trading Oyについて会社情報ですが、2010年に設立されてフィンランドのイマトラに本社を置いています。サービスを開始してから10年に満たない新興FXブローカーですが、日本を含めて海外の投資家もアカウントを開設して取引に参加することができます。これまで多くの日本人の投資家も利用してきました。
FinFX取得している金融業としてのライセンスはキプロス証券取引委員会(CySEC)です。キプロス証券委員会のライセンスは取得・維持に高い基準が設けられており、FinFXは安全性が非常に高い業者であるというメリットがあります。

特徴やメリット、デメリット

FinFXのサービス面での特徴ですが、アカウントの種類が豊富であること(7種類)、取引をおこなう度にキャッシュバックがもらえること、EUR/USDが0.4pipと極めて狭いスプレッドであることなどです。キャッシュバック特典については、他の海外FX業者にはほとんど見られず、珍しいサービスです。キャッシュバック特典を目当てに世界中の多くのFX上級者がアカウントを開設して投資に参加しています。
FinFXを利用する場合に日本人にとってのデメリットは、日本語でのサポートが行われていないことです。公式サイトやログイン画面、サポートデスクへの問い合わせなどは全て英語です。そのため、ある程度の英語力がなければアカウントを開設することができません。それでも海外FX業者や海外の銀行口座を開設してネット取引を利用した経験がある方であれば、言語の壁はあまり問題になりません。

みんなの口コミや評判、評価など

FinFXは多くの世界中の投資家がアカウントを開設してトレードを行ってきた業者なので、インターネット上の口コミサイトには多くの体験談や感想が寄せられています。ネット上に書き込まれた英語の口コミや評判を見ると、サーバーが安定しているのでスキャルピング取引が可能である事や、取引毎にボーナスがもらえることについて好意的な評価が見られました。他にも、出金が非常に速いことや、出金トラブルを経験していないことを評価するような口コミも見られます。日本人による口コミを見ると、ボーナスがもらえることやスプレッドが非常に狭いことを評価するような書き込みが見られます。サービス面では評価が高いのですが、日本人で海外FXの未経験者にとっては敷居が高いと感じる、という口コミも見られます。日本人であれば、海外FXの利用経験がある人を中心に人気があるFX業者であると言えます。

実際に口座開設してトレードした感想、体験談

実際に口座開設してトレードを行ってみた感想ですが、サーバーが非常に安定していてスリッページが起こりませんでした。サーバーが安定しているのとスプレッドが非常に狭いこと、取引毎にボーナスがもらえることなどから、スキャルピング取引を行う投資家のためのFX業者であるという印象を持ちました。海外FXの経験がある上級者にとっても、数多くの魅力的なサービスが提供されていると感じました。取引毎にボーナスがもらえるアカウントの他にも、初心者向けに少額取引ができるアカウントも用意されていました。口コミサイトには上級者向けのFX業者であると書かれていましたが、初心者向けのサービスも充実していました。
口座の種類やサービス内容については日本語に対応していないので英文を読む必要があります。それでも平易な表現が使われているため、基礎的な英語力があれば問題なく利用できました。海外FXの経験がある人であれば、日本語に対応していないことは問題になりません。

口座の種類と開設方法、手順

口座の種類が豊富で、最小取引金額が5$のMicro Accountや、スプレッドが0pipsのPure ECN Accountなども選択できます。ちなみに取引の度にボーナスポイントがもらえるのはスワップポイントが付かないIslamic Accountと、VIP Accountの2種類です。他のFX業者とほぼ同じ機能のStandard STP Accountも用意されています。
アカウントの開設方法ですが、公式サイトから口座開設フォームにアクセスするとメールアドレスや名前などを仮登録することができます。最初にログインIDを取得してログイン後にログインして、身分証明書類の提出や銀行口座の登録を行います。FinFXでは日本語に対応していないので、英文の身分証明書類(パスポート)を提出する必要があります。海外FX経験者であれば、他の業者と同じように簡単にアカウントを開設することができます。

入金の種類と方法、手順

入金方法ですが、銀行振込(海外送金)またはクレジットカード(デビットカード)決済、ビットコイン(仮想通貨)の3種類です。国内銀行送金には対応していないため、銀行振込を利用すると高額な国際送金手数料がかかってしまいます。そのため、日本から送金する場合にはクレジットカードまたはビットコインを利用した方が便利です。
入金手順ですが、クレジットカードや銀行振込はログイン後の画面でDepositを選択します。クレジットカードを利用する場合には入金額やカード情報を入力します。ビットコインを利用する場合には国内の仮想通貨取引所でビットコインを購入しておきます。FinFX内の専用のCRMアカウントに登録してログイン後、表示される指定されたビットコインアドレスに送金します。指定されたアドレスにビットコインを送金すると、自動的に取引口座に入金が反映されます。

出金の種類と方法、手順

出金方法ですが、入金時に利用したクレジットカード(デビットカード)、海外送金、ビットコインの3種類から選択できます。クレジットカードで出金する場合には、入金額までとなります。海外送金を利用する場合には受取口座の名義・口座番号の他に銀行のSWIFTコードを登録する必要があります。ビットコインで出金する場合には、出金用のコインアドレスを登録します。
出金手順ですが、ログイン後にWithdrowを選択して出金申請手続きを行います。クレジットカード・銀行送金・ビットコイン送金から希望する方法を選択して、金額を指定して進みます。クレジットカードで入金して、入金額を超える利益を出金する際は銀行送金またはビットコインを選択する必要があります。
銀行送金は本人名義の口座である必要がありますが、ビットコインアドレスは日本の取引所の入金用アドレスも指定することが可能です。