DirectFXは2006年にオーストラリアのシドニーに設立されたFX会社です。歴史的に見れば浅い会社ですが、オーストラリア金融委員会(ASIC)ライセンスを保有しており、FX市場が盛んなシドニーにある会社であるため、安心して利用ができます。このオーストラリア金融委員会(ASIC)の金融規制は、日本の金融庁と同等の厳格さをもっていますから、日本の業者と同等の安全性を有しています。特にDirectFXは資金保全などの観点においてはトップクラスの安心度を持っています。
一方でオーストラリア人向けのサービスで、日本人を含めて海外向けのサービス提供は消極的ですが、外国人でも口座を開設することは可能ですし、またFX取引だけでなくFXに関連するさまざまなサービスを受けられるメリットがあります。特に海外のFXトレードの主流であるメタトレーダー以外にもCQGやTradeble、ミラートレード、Currenseeを使うことができます。

特徴やメリット、デメリット、ボーナスキャンペーン情報など

DirectFXの特徴は、会社の歴史は浅いですがトレード環境の充実などに力を入れており、今ではプロトレーダーや経験が豊かなFX業者の関係者によって支えられ大きなFX会社へと成長しています。特にメリットはオーストラリアの金融規制をクリアしてライセンスを取得していることで、さらにそのような環境下でもFX会社として運営できていること自体が高い信頼性・信用があり安心性があります。また取引ツールに力を入れており、DirectFXでは海外FX業者で多く使用されているMT4やCQG、Tradebleなど、さまざまなツールが利用できるのが大きな魅力です。

デメリットは公式ホームページでは日本語対応していないことです。これはオーストラリア人向けのサービスに力を入れているためで、原則として同じ英語圏の国の人もサポート外です。このためDirectFXを利用するには英語が出来ることが必須です。ただデモ口座の開設をすることができるので、お試しでトレードすることができます。キャンペーンは海外FX特有のリベートを受けることができます。

トレーダーの口コミや評判、評価など

DirectFXの口コミや評判は、残念ながら日本人の利用者が少ないためありません。その理由は日本語をサポートしていないためハードルが高いことや、DirecFXそのものが海外のトレーダーの利用を公式に認めていないためです。このため海外からの利用者の口コミや評判もそれほど芳しいものではありません。

一方でオーストラリア国内からすれば非常に有益なFX業者として高く評価されています。このようなことからオーストラリアに移住するといった場合などにおいては安心して利用することができます。いずれにしても海外のFX業者の中でもその国や地域に居住する人を対象としたローカルなFX会社であることは留意しておく必要があります。

FX会社として見た場合には、リベート率も高く設定されており、取引すればするほどお得なキャッシュバックを受けることができるため評価は高いですし、またオーストラリアの金融ライセンスを保有していることも安心して取引ができる理由ともいえます。

口座の種類と開設方法、手順

DirectFXの開設方法は簡単で、日本のFX業者と同じ方式で行うことができます。ただし、直接口座を開設するよりもキャッシュバックサイトを利用する方がリベート率が高いメリットがあります。海外FX業者の独自の特徴として紹介サイトがあり、そこからユーザー登録をすればさまざまな優遇を受けられるというものです。DirectFXの場合にはリベートが使えます。これはスプレッドの大幅な割引であり、これによって安価に取引することが可能です。
口座開設の手順としては、キャッシュバックサイトにユーザー登録してFX口座を開設します。開設手順はすべて英語ですが、自動翻訳を使えば誰でも行なえます。口座開設そのものは簡単です。口座が開設できたら、サイトに口座を開設したFX会社の口座認証を行えばあとは自動で発生するので手間なくお得に取引できます。
基本的にその国によって必要とされる書類が変わってくるので指示されたとおりに行えば数日以内に口座を作ることができ取引が開始できます。

入金の種類と方法、手順

DirectFXへの入金方法は、クレジットカードや銀行による送金が可能ですが、トラブルとなりがちなのがクレジットカードです。クレジットカードのルールとしては送金したぶんの金額しか出金できません。出金とはいうものの実際には返金手続きをしている形になるためです。このためクレジットカードで送金した以上の金額を出金したい場合には銀行の送金に切り替える必要があります。

カードを使って送金するメリットは、費用が安いということで手数料も気にしない程度にいけます。銀行は手数料が大きいので、少額のお金を移動させるのには手数料が割高になります。なお、DirectFXではUSD(アメリカ・ドル)建てとなっているので、入金するためには日本円からUSDに両替しなければなりません。為替レートにも注意する必要があります。一方で特殊な方法としては仮想通貨を使った入出金の方法があり、こちらを使えば手数料を抑えて海外とのお金のやり取りをすることができます。

出金の種類と方法、手順

DirectFXの出金は、クレジットカードと銀行のどちらかですがクレジットカードは入金した金額以上の出金はできませんから注意が必要です。銀行の場合には送金手数料がかかるものの自由に送金が出来るため入金の制限もありません。ただ銀行の場合には取次に時間がかかることに留意する必要があります。すばやく入出金をしたい場合にはクレジットカードがもっとも利便性に優れているものです。
一方で仮想通貨を使った方法もあります。DirectFXではUSD建てですから日本国内で保有しようと思えば外貨預金が出来る銀行か日本円に両替しなければなりませんが、出金して仮想通貨で保有しておけばそのような手間も必要ありませんし、再び入金したいといった場合でも仮想通貨にしておけば迅速に行うことができるメリットがあるものです。
いずれにしても日本円にするためには両替の手続きが必要で、その時のレートによっては利益が得られないリスクもあり、それらを含めて海外のFX業者を利用する必要があります。